最新コラム 

デザイン画像

VOL.117 新元号が決まりました!

4月1日、新しい元号が決まりました!

「 令和 」(れいわ)

出典は万葉集とのこと。今までは中国の古典の中からの出典だったのですが、今回は国書からの出典なのですね。

初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、 蘭は珮後の香を薫らす

 
 

発表予定時間の30分も前から、ドキドキしながらテレビの前に座っておりましたが、この万葉集「梅花の歌」序文に語られているような世界になって欲しいという願いがあってのことなのでしょう。

なんと言っても今年の一番大きな話題ですよね。
しばらくは様々なニュースとして私達の目に、耳に、入ってくることでしょう。
これからの退位・即位に関しても、普段は触れることもない荘厳・優雅な儀式を拝見できるのも楽しみです。(テレビの画面からですが・・)

しかしそのような喜ばしい話題の裏で、忘れてはならない過去の大きな出来事が新聞やテレビで取り上げられていた3月中頃でした。

「東日本大震災から8年」
主人の転勤で、仙台でしばらく暮らしていたことがあるので、東北地方の悲惨な映像を見ると胸が痛みます。まだまだ復興には時間が掛かりそうですね。
3月11日は風雨の強い朝でしたが、傘の下で海に向かって手を合わせている人の姿も見られました。
私共の近く千葉県でも津波の被害はありましたが、福島では原発事故の影響の心配もありますね。
浪江町の亡き町長の苦悩の挨拶も思い出されます。
つらい経験をした子供達も、平穏な日常生活では学べなかったことを学んだことでしょう。
地域のこれから、そしてご自分の将来にも生かしてくださいね。
広範囲にわたる停電の暗闇の中で見えた星空の印象が忘れられない、という話も耳に残りました。

まもなく退位される天皇・皇后両陛下も被災地をたびたび訪れてお見舞いのお言葉をかけられていました。即位される皇太子殿下共々、これからも心から復興を願っておいでになることでしょう。

そうです。
もう一件、前日の10日は「東京大空襲から74年」と言う節目で、墨田区の東京都慰霊堂で法要が営まれました。
この悲惨な思い出もいまだに忘れられずに、法要にご出席なさった方も多かったのではないでしょうか。
私の親類関係でも、当時菊川町に住んでいた叔母夫婦が、この空襲に巻き込まれて命を落としました。
私は千葉の田舎に疎開中でしたが、東京の空のほうでパラパラと焼夷弾が落ちているのを見ていたことが思い出されます。

震災は人間の手で防ぐことは不可能です。
発生した時への備えを心掛けるだけです。

しかし、戦争は人間同士で行なうことです。
そのような心配のない、皆が心を寄せ合う世の中にしていきたいですね。
「令和」の文字をくださったこの文言のように・・・。


いろいろと思い起こすことが多く、肩に力の入ってしまった皆様、
少しほぐして楽にしてあげましょう。

広頸筋のエクササイズ

① 背筋を伸ばし、ゆっくり天井をあおぐ 5秒
② 下唇と下あごを押し出す       5秒
③ そのままで             5秒
④ 自然の状態にもどす         5秒
(3回繰り返します)

胸鎖乳突筋のエクササイズ

① 首を右いっぱいに回す   3秒
② そのままで        5秒
③ 左いっぱいに回す     5秒
④ そのままで        5秒
⑤ 自然の状態にもどす    5秒
(3回繰り返します)

二腹筋のエクササイズ

① 背筋を伸ばし、ゆっくり天井をあおぐ 5秒
② 口を大きく開ける          5秒
③ そのままで             5秒
④ 上を向いたままで口を閉じる     5秒
⑤ 自然の状態にもどす         5秒
(3回繰り返します)

(2019年4月10日)