最新コラム 

デザイン画像

VOL.114 明けましておめでとうございます


あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

私たちの新年行事にきってもきれないのは年賀状。 皆様もいのしし君の絵柄のはがきを交換なさったでしょうか。

 
 

「ことしは“何年(ナニドシ)ね!”」というのは皆様ご存知の干支のことですが、時刻や方角などを示すのにも使われる十二支の動物君たちが毎年登場します。
もともとは中国から入ってきた知識ですが、日本に入って来たときは「戌」の次は「亥」ではなかったってご存知ですか?
「豚」だったのだそうです。
ところがその頃、日本には豚が存在しなかったため、似た動物の「亥」に決めたのだとか・・・。
皆様はどちらがお好きでしょう。
いただいた賀状の猪君のそばに豚君の絵を並べてみたりした立石でした。

さて、昨年末から年初にかけてのもっとも大きな話題の中にいらしたのは天皇陛下です。
年末に平成最後の天皇誕生日があり、一般参賀の人達の数は平成最多だったとか。また、年頭の一般参賀も15万人超で、お出ましの回数も増やされたようですね。
テレビでも天皇陛下としての長い年月が取り上げられておりました。
ベランダで述べられたお言葉も拝聴いたしましたが、天皇陛下というお立場も大変なのですね。
美智子皇后様とのご成婚の時の祝賀パレードは今でも目に焼きついています。
60年も前のことで、テレビで拝見しただけですが、皇太子殿下(その頃はまだ)と四頭立ての馬車に並んでお座りになった美智子様は本当にお綺麗でした。

五月に新しい天皇・皇后になられる皇太子ご夫妻も、国のために、国民のために、お力を尽くされることでしょう。

どのような年号がつくのか・・ワクワクしておりますが、平和な年月が続いて行くように、私達も尽力いたしましょう。
(2019年1月5日)