最新コラム 

デザイン画像

VOL.120 鴨ちゃん、僕ちゃん、頑張って!

息子の家の近くにある親水公園に鴨の親子が住みついて、近所の話題になっていると、お嫁ちゃんから写真付のメールが送られてきました。
水路の中なので、はっきりとは確認できないのですが、私も実物を見てみたくなって覗きに行ってきました。
残念なことに、子鴨達はそろって草むらにもぐりこんでいて、様子を見ることは出来ませんでした。しかし、立派な親鴨(お母さん?)が傍の岩の上に座り込んで監視の目を光らせていました。

 
 

2週間ほどして、また覗きにいったときには、子鴨たちも立派に成長し、見物人達が投げ与えるパンなどを競い合って食べていました。
子鴨は全部で9羽と数えることが出来ました。

そしてまた一週間後、「どの位また成長したかな?」と見に行った時には、残念ながら姿を見ることは出来ませんでした。
そばのベンチに座っていたおじさんが「大分大きくなって、草むらの奥のほうにたむろしているよ」と教えてくれました。
お嫁ちゃんから送られてきた写真にも、立派に大きくなった姿が写っていました。

そしてまた一週間後、「飛び立ってしまわないうちにぜひもう一度・・」と駆けつけたら、小さい頃よりずっと下流の方に移動していましたが、近くに寄って見ることが出来ました!
まだ、親鴨共々10羽そろって行動していましたが、親鴨・子鴨の見分けが付かないくらいに大きく成長していて、「あそこにいるのがお母さんかな?」などと同行人と話しあったことでした。

この後、彼らはどこかへ飛んでいってしまうのでしょうか。
それとも、ここでそれぞれ独立した生活を送るのでしょうか。

もう一度位会うことが出来るかなー。

子鴨の急成長が見られた頃、我が家最後の小学生の運動会があったのです。
我が家の末っ子は、年齢にしては小柄なほうですが、頑張って綱引きも大玉ころがしも・・。
この後何度くらいこの様な光景が見られるのかな・・と、感慨にふけったことでした。

子鴨君も、僕も、頑張って、立派な成長ぶりを見せてくださいね!
(2019年7月10日)